鹿島神宮 Kashima-jingu-shrine

― BUSHIDO ―ご祭神

鹿島神宮は茨城県の中で最も格式が高い神社。全国約600社ある鹿嶋神社の総本社で関東最古の神社。香取神宮とペアで関東の東を護る地域全体の守護神。「神宮」と名のつく神社は別格の格式を持ちます。

武甕槌大神たけみかづちのおおかみ

日本最強の武神。勝利の神様。圧倒的な強さで荒ぶる神々を平定された式神。

  • 本殿・石の間・幣殿・拝殿の4棟からなる社殿は、徳川二代将軍の秀忠公、また奥宮は徳川家康、楼門は水戸初代藩主徳川頼房より奉納されたもので国の重要文化財に指定されています。

  • 最強クラスのパワースポット

    「鹿島立ち」に象徴される「すべての始まりの地」人生を転換するターニングポイントの作用を持っている。「意を決した者が行くべきパワースポット」スピリチュアルな力を成就するパワーをもたらす「すべての始まりの地」。

『人生の転換期』 まさに結婚式を挙げるにふさわしい鹿島神宮。
1日6組限定で挙式を行っています。
人生最良の日に鹿島神宮でパワーを頂き、
素晴らしい結婚式を挙げていただければ幸いです。
私たちカトレアグループ laveriteスタッフが全力でサポートさせていただきます。

kashimajingu.jp